おしらせ
[ デザインフェスタvol.45 ]
に出店します。
++++日 時++++
5月27日・28(土日)
カテゴリ
いぬとねこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区切ってコラージュなBOX・その2

前回のつづき、蓋にコラージュしていきます。

写真がないけど、それぞれのマスの底に背景になる紙を貼りました。
コラージュするブツですが…今まで作ってきた物の余り物や失敗したモチーフを再利用。
コートした所がくっついちゃってビリビリに剥げちゃったお花モチーフとか、形成がボコボコの失敗作とか集めて出してきました。
20160920_1.jpg

チャームなど、キンキラのままだと雰囲気が出ないのでボンドを練り込んだ塗料で塗ります。
さらに砂みたいな物を混ぜると錆なイメージが増します。
私は木粉のジオラマパウダーを使用。
花の剥げちゃった所を茶色のマーカーで塗ってごまかして、さらにコートを塗ったら“錆”のような仕上がりに!(発見して喜ぶ!)
途中、ジェッソを盛大にこぼしてしまって、蝶々モチーフを巻き込んで悲惨なことになっちゃったんだけど、もうやけくそで水で洗って形成し直したら、なんかいい感じに!
……てなことを繰り返し、勢いで仕上げる。
20160920_2.jpg

出来上がりなのに一番写真写りが良くない!
20160920_3.jpg

20160920_4.jpg 20160920_5.jpg

留め金は別の箱についてた真鍮色っぽいヤツに変更。
20160920_6.jpg

開けるとこんな感じ。
20160920_7.jpg

ここにも余り物モチーフが。
20160920_8.jpg

お粗末さまでした。
20160920_10.jpg
スポンサーサイト

区切ってコラージュなBOX・その1

絵を描くのに疲れたので、構想中だったデコ箱作りで気分転換しました。

キャンドゥのLサイズ正方形BOXを改造。
20160913_1.jpg
今はどのお店も正方形がブームなのかな?
100均グッズは、サイズやデザインがガラリと変わる時があるから、前のあの仕様で作りたかったのに〜と、悔やむ時も何度か。

透明プラは破棄、手前の留め金は外して内側を塗装しました。
内側は糊がつかないようにマスキングしたんだけど、内蓋付けるの忘れちゃったのではがす。
20160913_2.jpg

柄を貼った厚紙で蓋をします。
20160913_3.jpg

端がめくれちゃうかもしれないので、飾り兼用の真鍮釘打ってみました。
20160913_4.jpg

表側です。
20160913_5.jpg

蓋と同じ厚みの木材で区分けの桟を張りました。
20160913_6.jpg

全体にペーパーを貼ります。
20160913_7.jpg

20160913_8.jpg

強力ボンドについているヘラは細かい所を押さえるのに便利!
20160913_9.jpg

古ぼけたイメージで作っているので、貼り方がけっこうアバウトです。
糊で湿った紙が、貼っている途中で破けちゃったら、継ぎはぎしてごまかします。
紙の隙間とか柄が指に張り付いて剥げちゃった所は、マーカーで修正したりで、心配ないさー。
20160913_10.jpg

デコボコとかパゲちゃった所を使い古した雰囲気に変身してくれる魔法の塗料ギルダーペーストで修正。
アクリル塗料でもいける。
20160913_11.jpg

さいごに全体をコートして本体は完成。次回に続きます。
あ、まだ底の地を貼ってなかった!(柄すら考えていない…)

20160913_a.jpg

ちょっとリアル?

「目つき悪いきつね」で家族に手抜きすぎと指摘されたので、目的別ちょっと真面目に描くやつとに分けてみた。

イグアナ

ウロコ系は難しいよ!何回も描き直ししちゃったよ。

冷めた目つきがなんとも…

前回のマヌルネコに続く珍獣シリーズで。
チベットスナギツネさん

160908.jpg

描く気力 抜きすぎ。

どうやって描くか悩む

マヌルネコ

いろいろと描いているうち、リアル動物絵だと可愛くないんじゃないかと迷い、力を抜いて描くようにしてみました。
なんか楽になったような気がする。

↓こちらはリキんで描いて失敗…でも勿体ないので、何かのコラージュで使ってみる。
ジャガー

先日、15才になる猫のビジィさんが虹の橋を渡って逝ってしまいました。
さみしいよ。
160907_b.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。